全国情報技術教育研究会
 

メニュー

概要カレンダー大会・研究発表夏期講習会プログラミングコンテスト生徒表彰地区別コンテンツ事務局より賛助会員名簿・リンク

カウンタ

COUNTER661282

理事の皆様へ

ご利用ください。
NetCommonsユーザーマニュアル
 

研究発表2013-3

【ブロック】  四国


【発表テーマ】 OSSにおる校務の効率化


【発表者】   徳島県立徳島科学技術高等学校   情報科学コース  尾﨑 保文


【概 要】
  OSSとは,ソフトウェアの設計図にあたるソースコードを無償公開し,誰でもそのソフトウェアの改良,再配布が行えるようにすると定義され
 ています。
  OSSが世界的な普及拡大を見せる中,日本においては,2007年度に総務省から「情報システムに係る政府調達の基本指針」により各府
 省における採用機会が高まり期待されるようになってきました。
  OSSはLinuxやWebサーバのApache,データベースサーバのMySQLなど,近年ではOSSミドルウェアの利用が拡大し,性能や機能,安定
 性,信頼性といった面で検証も進み,品質に対する前向きな評価が定着しつつあります。また大手のプラットフォームベンダやシステム開発
 会社のなかでも,OSSの推進に積極的に取り組む企業も増えてきています。さまざまなフェーズや業種でOSSの普及が拡大している実績か
 ら,学校での校務処理にOSSを利用した,Webアプリケーションの開発をしました。


 

研究発表一覧へ